ヘルパー 資格

ヘルパーの資格の取得について

ヘルパーの資格取得のメリットはやはり仕事が減るのではなくこれから増え続けるということです。
統計局の直近の調査結果では65歳以上の人口割合は23%を超えています。
5人に1人は高齢者となるわけですが、人間生きている以上殺すこともできませんし
これから医療の発達により、寿命はどんどん延びると思います。
現在仕事がないと職業安定所は人であふれかえっています。

 

ヘルパーのような競争率もあまりなく、仕事があるというだけでもいいのではないでしょうか
そして有資格者であるということで給料面でも優遇されることもあるとおもいます。

 

ヘルパーの資格を取ることで介護職への就職や再就職に有利にもなります。
これが資格取得の最大のメリットです。
これは他の資格でもいえることかもしれませんが
介護職以外の就職面接でもホームヘルパーの資格を持っているということで評価がよくなる
また、ホームヘルパーの資格を取ることによって将来的に
介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得したりできます。
ヘルパーの資格を取ることによって社会福祉や介護保険制度などについて理解が深まったり
福祉分野に限らず医療面などの知識もつけることが出来ることから
自分の親や家族などに介護が必要になったときにヘルパー資格取得で得た知識を生かすことができます。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ